facebook
VR VR関係の仕事とは? 学習方法も紹介!

【2024】VR関係の仕事とは?職種や事例、VRの仕事に就くための学習方法を紹介!

VRはバーチャル化した仮想空間の中で、リアルな体感を可能にした先進技術です。近年はVR関連のゲームソフトやアプリなども多数開発され、そのようなクリエイティブな仕事に携わりたいと思う方も多いのではないでしょうか。

そこで本記事ではVR関係の仕事を詳しく解説し、職種や事例、VRの仕事に就くための学習方法も紹介します。

VRの仕事とは

VRの仕事とは

VRとは英語の「Virtual Reality」の略称で、日本語で「仮想現実」と訳されるバーチャル技術のことです。そして現在は新たなバーチャル技術である、VRを活用したさまざまな仕事があります。

特に近年はゲーム業界を始めとしたエンターテインメント業界における導入が進み、その動向に伴ってVRを導入したアプリやソフト開発に関連する仕事の件数が増加しているのが現状です。そして今後もVRを導入した多様なソフト開発が予想され、VR関連の仕事がますます増える動向が強く見受けられます。

求人案件などを閲覧すると実際にVR関連の求人が増加しており、経験者でなくてもある程度の知識があればVR関連の仕事に就くことも可能です。下記にVR開発で作成された、おすすめのゲームを紹介した記事を掲載するので参考にしてください。

【2024】VRのおすすめゲーム7選!特徴や値段を解説!

VR関係の仕事の種類

VRの普及に伴ってVR関連の仕事も増加していますが、具体的にどのような仕事があるのでしょうか。VR関連の主な仕事には、

  • 3DCGデザイナー
  • サーバーサイドエンジニア
  • クライアントサイドエンジニア

などの職種が挙げられます。ではVR関係のそれぞれの仕事や、その仕事に就くために必要なスキルを紹介します。

3DCGデザイナー

3DCGデザイナーは、VR空間内の360°の仮想空間を作成する重要なVR関連の仕事です。3DCGデザイナーがいなければ、VRのリアルなバーチャル空間を作成できない観点から、VR関連の仕事の中でも重要視されている職種の1つといえます。

そのニーズの高さから、実際に募集されている案件も多く、ゲーム開発などの経験があれば簡単に仕事に就くことも可能です。

3DCGデザイナーになるために必要なスキル

3DCGデザイナーに求められるスキルとして、バーチャル映像作成におけるモデリングやキャラクター制作、エフェクトやモーションなどの技法を使用するCG映像制作スキルが必要とされます。具体的には高精度な3DCGソフトである、Mayaや3ds Maxなどをある程度使いこなせるレベルが基準です。

VR開発に有効なソフトウェアであるMayaに関する理解を深めたい方は、2日間でMayaの応用スキルまで学べる、Maya基礎セミナーの受講がおすすめです。

サーバーサイドエンジニア

ゲームプレイ時に生じる膨大なデータを、きちんとサーバー上で処理可能にするシステムを構築する職種をサーバーサイドエンジニアといいます。VR関連のサーバーサイドエンジニアの業務内容はほかの一般的なゲーム開発とほとんど同じで、サーバー構成やデータベース設計、通信システム設計や通信エンジン開発などが主な業務です。

サーバーサイドエンジニアになるために必要なスキル

基本的にサーバーサイドエンジニアの案件には、PHPやRubyなどのプログラミング言語に関するスキルが必要とされるケースが多いです。またRuby on Railsなどのフレームワークを活用したアプリ開発経験があれば、ゲーム開発の経験がなくても採用される可能性も高くなります。

そのほかにもMySQLやApacheなどに関するスキルがあれば、サーバーサイドエンジニアとしての経験値が高い人材として認識されて、市場における自己価値を高めることも可能です。

クライアントサイドゲームエンジニア

ハードウエア内のゲームデータプログラム開発するVR関連の仕事を、クライアントサイドゲームエンジニアといいます。この職種はVR開発における、Oculus RiftやPlaystation VRなどのシステム開発が主な仕事です。

具体的にはソフトのシステム構築からプログラミング、システムテストまでの一連の業務を行います。

クライアントサイドゲームエンジニアになるために必要なスキル

クライアントサイドゲームエンジニアとして採用されるためには、「C」や「C♯」、「C++」などをはじめとしたプログラミング言語のほか、Unityのようなソフトでのゲーム開発経験が求められます。それ以外にも募集要件として、コンシューマーゲームの開発経験を必須としているケースも多いです。

映像クリエイター

今後もさらなる発展が予測されるVR技術の進化に伴い、魅力的なVR映像を作成する映像クリエイターもVR関連の職種の1つとして挙げられます。前述までに紹介したゲーム関連の職種とはジャンルが異なりますが、企業の宣伝動画や各種イベントで使用される、360°体験型の仮想空間作成には欠かせない職種です。

具体的な職種として、各種イベントにおけるVR動画作成やライブ配信用のVR映像作成などが挙げられます。下記に映像クリエイターにより作成され、VRゴーグルで閲覧可能な人気動画6選を紹介した記事を掲載するので参考にしてください。

【2024】VRゴーグルで見れる動画6選!無料の人気動画を厳選

映像クリエイターになるために必要なスキル

魅力的なVR映像を作成するためには、直感的な閃きや何らかの動画作成経験が必要とされます。したがって映像に関するクリエイティブなアイデアや、VR関連の機材を使用した動画作成の経験があれば採用される可能性も高いです。

特にpremiere ProやAfter effectsなどの編集ソフトやVR映像の編集に特化したAutopanoと呼ばれるソフトのスキルを取得すれば、高いスキルを持つ人材として認識されます。

VR関係の仕事の事例

VRはリアルな仮想空間を作りだし、ユーザーにリアルな体験を提供できるのでビジネスにおいてもさまざまな分野で使用されています。では実際にVRが使用されている仕事の事例を下記に表記し、それぞれを詳しく紹介します。

仕事の事例 内容
不動産物件の見学 自宅や不動産会社の事務所で専用のVRゴーグルを着装し、VRの仮想空間内で360°体感型での物件の下見が可能
医療現場における指導・教育 医師の手術が細かく解説されながら立体的な映像が投影されるので、実践的な手術のスキルを学習できる
観光業界におけるユーザー確保 ユーザーに観光地のVR体験をしてもらい、ユーザーを観光地に実際に足を運んでみたい気持ちに誘導して顧客を確保

不動産物件の見学

不動産業界では、物件の下見などでVRが導入されています。ユーザーは自宅や不動産会社の事務所で専用のVRゴーグルを着装し、VRの仮想空間内で360°体感型での物件の下見が可能です。この導入により、物件まで足を運ばなくても物件の細かな下見が可能になり、時間の浪費を削減にも繋がりました。

またVRの物件閲覧で契約成立に繋げている企業も多く、今後も多くの不動産会社の利用が予測されます。

医療現場における指導・教育

医療現場では、ベテラン医師の手術のVR映像を新人医師が研修で体験するなど、指導や教育の分野でVRが導入されています。手術のVRの映像では、医師の手術が細かく解説されながら立体的な映像が投影されるので、実践的な手術のスキルを学習できます。

このようなVRの導入で座学では得られないリアルなスキルの取得により、有能な人材育成が可能です。

観光業界におけるユーザー確保

観光業界においては、ユーザー確保を目的としたVR導入が進んでいます。ツアー会社はユーザーに観光地のVR体験をしてもらい、ユーザーを観光地に実際に足を運んでみたい気持ちに誘導して顧客を確保しています。

またVR導入により、観光地だけでなくホテルなどの宿泊施設の事前体験も可能になり、このようなサービスの提供で多くの旅行者を確保しているのが現状です。

VR関係の仕事に就くための学習方法

VR技術の進化に伴い、今後もVR関連の仕事が増えることが予測されますが、どのように学習を進めればVR関係の仕事に就けるのでしょうか。

ではVR関係の仕事に就くための学習方法を紹介します。

関連資格を取得する

VR関係の仕事に採用される可能性を高めるためにも、VR関連資格を取得しましょう。特にVR技術者認定試験やillustratorクリエイター能力認定試験、Photoshopクリエイター試験など実用性の高いVR関連資格を取得するのもおすすめです。

有効な情報を取得・更新する

VR業界は今後も飛躍が著しく期待できる業界で、職種に関しても常に新たな情報がブラッシュアップされます。したがって可能であれば転職エージェントなどを利用し、VR関連の職種に関する新しい情報を取得・更新し、自分に必要な情報を整理して採用に活かしましょう。

VRの講座で学習する

VRの仕事に就くためにも、VRに関する専門的な講座を受講するのも有効な手段の1つです。VR作成に関する経験があれば採用される可能性が高いですが、経験やスキルが全くなければ経験者に比べて採用される可能性は低くなります。

そこでVRの講座を利用し、スキルを高めると同時に関連資格などを取得すれば、自己価値を高めて良好な案件に起用される傾向が強いです。

VRの仕事の今後の動向

VRの仕事の今後の動向

近年蔓延した新型コロナウィルスの影響により、オンラインビジネスの市場シェアが急速的に拡大し、その動向に伴って多様なVRコンテンツやサービスが提供されるようになりました。具体例としてはVR空間でのアバターを利用してのリモート会議や、メタバース空間内で情報共有しながらリモートにより複数人で業務を行うなどの事例も挙げられます。

そして今後もさらなるVR技術の進化に伴い、VRの仕事の市場シェアはますます拡大することが予測されます。

必要なスキルを取得してVRの仕事をしよう!

本記事ではVR関係の仕事を詳しく解説し、職種や事例、VRの仕事に就くための学習方法も紹介しました。今後もVR技術の進化に伴い、VRの仕事のニーズも高まることが予測されるので、確かな関連スキルを取得すれば仕事に困ることもありません。

このようなポテンシャルを秘めたVRの仕事に就くためにも、自分に必要なスキルを取得して市場における自己価値を高めてください。

VR関係の仕事とは? 学習方法も紹介!
最新情報をチェックしよう!